ヴィオラ・ダ・ガンバでバッハを

ホーム コンサート情報 楽器について 音楽用語の解説 演奏者の紹介 お問い合せ

 

J.S. Bach 今日、多くの演奏家たちが J. S. バッハのチェンバロ曲やオルガン曲をさまざまな編成の器楽合奏に編曲して演奏しています。バッハのポリフォニックな鍵盤曲を旋律線と和声感を強調しながら、より表情豊かに、よりダイナミックに演奏してみたいという欲求は、バッハの作品を愛する人の多くが自然に抱くものなのでしょう。

そのような編曲演奏の中には、異なるサイズのヴィオラ・ダ・ガンバのコンソート(重奏)によるものもあります。わたしたちもヴィオラ・ダ・ガンバのコンソートを中心に、これにチェンバロも加えて、さまざまな形でバッハのチェンバロ曲やオルガン曲を演奏することを試みています。

J.S. Bach より詳しい趣旨は、第1回コンサートの プログラム・ノート をご参照ください。